ファッション

ニットやウールコート、スラックスはブラッシングで見た目が劇的に変わる!!

投稿日:

 

ニットやウールのコート、スラックスなどを頻繁に着用する季節になってきましたね。
温かさを担保してくれるウール素材の衣服は
寒がりな私にとっては手放せない冬のマストアイテム。

 

ですが、ウール系の衣服は着ているうちにどうしても
摩擦が起こり、
毛玉が出来たり、繊維に解れが生じたりしてしまいます。

 

これは見た目にも大きく影響を与える話で、
細かいウールで編まれたニットの艶感が、
繊維が摩擦で起き上がることで消えてしまう
んです。

 

すると当然着用したときの光沢感やドレス感も減少してしまい、
その服本来の良さを出せなくなってしまいます。

 

なので、ウール素材の衣服というのは本来お手入れが必須なんです。

そこで今回は、
ニットやコート、スラックスなどのお手入れに必要なブラッシングについて
少しまとめて紹介していこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

大切なのは着用後にブラシをかけること!ただこれだけ!

 

ニットやコート、スラックスなどのウール素材のお手入れとは言っても、
革靴のお手入れのような手間はかかりません。

汚れを落として、
クリームで保湿して、
仕上げに磨きをかけて、
なんて手順も全く無しです。

 

摩擦で起き上がった繊維をしっかりと寝かしてあげて、毛並みを整える作業をするだけです。
つまり、着用後にブラッシングをしてあげるわけですね。

 

 

使う洋服ブラシは豚毛?馬毛?

 

洋服ブラシを選ぶ際ですが、
大きく分けて豚毛のものと馬毛のものとが存在します。

 

簡単に説明すると、
豚毛は馬毛よりも固くコシがあり、洋服の奥にある汚れや埃を掻きだすことが
得意なブラシ。

 

反対に
馬毛はしなやかでキメ細かい毛質が特徴。
その為、繊細な生地を傷めにくく、綺麗に繊維を整えることが得意
なので
カシミヤやアルパカ、アンゴラなど柔らかくデリケートな生地を扱う際には
馬毛をおすすめします。

 

 

ちなみに私はニットやコート、スラックスにブラシをかける際には
江戸屋のブラシを使用しています。

始めて洋服ブラシを購入するという人が
いきなり平野ブラシのような高級ブラシを買う必要はないと思いますし、
実際私もあの値段には二の足を踏みました(笑)

 

ブラシに2万出すなら服買うわ、と本気で思いましたね。

今となってはブラシをかける習慣も出来、
もうワンランク上のブラシを求めて購入する気持ちも理解できますけど、
最初は江戸屋ブラシくらいの質と価格が一番バランスが良く、
コスパも高い
と思いますね。

 

 

 

 

ブラッシングのポイントは

 

洋服ブラシを用意すれば、あとは着用後にブラシをかけるだけです。
そこまで深く考えなくとも良いかと思いますが、
いくつかポイントをご紹介します。

 

繊維の流れにそって(基本は上から下へ)ブラシをかける

 

もつれた繊維を整えることで見た目を綺麗にし、
毛玉を出来にくくすることが目的なので、

出鱈目にブラシを動かすのではなく、繊維の流れに沿って上から下へ
ブラシを動かしていきます。

これだけで見た目が本当に変わります!

 

 

どうですか?
摩擦が起こりやすい脇の下の部分ですが、
毛並みが揃うだけで全然違ってみえませんか?

 

 

色目の強いニットだと、毛並みが揃うことで艶感も増すんです。

 

ちょっと光の当たり具合もあるのですが、
着用したときの艶感は本当に変わります。

 

どれだけ高級なニットでも(むしろ高級だからこそ)
着ているうちに繊維が乱れ、本来の艶感や発色が衰えてしまい、
毛玉が出来てみすぼらしくなっていきます。

 

なので繊維の流れに沿ってブラシをかけてあげることで、
綺麗な状態のまま着ることが出来る
ので
本当にブラッシングはおすすめです!

 

 

 

襟元や袖口などの汚れやすいところは下から上へ繊維の奥から掻き出すようにブラシをかける

 

繊維を整えるという目的以外にも、
ブラッシングすることで繊維の奥に詰まった汚れを取り除くという目的があります。

 

特に汚れが溜まりやすい、襟元や袖口などは部分的に繊維を持ち上げるようにブラシをかけ、
一度汚れを掻きだしてから、
再度繊維の流れに沿って毛並みを整えるとより美しく、綺麗に仕上げることが可能
です。

 

 

 

ゴシゴシとこすらずに、手首にスナップをきかせて掃くようにかける

 

特にデリケートなカシミヤやアンゴラなどは強くブラシをかけると
それで繊維を痛めてしまうので、
優しくサッサッとスナップを効かせてブラッシングするのがコツです。

高級素材ほど優しく扱えば、仕上がりが一段と良く感じますよ。

 

 

 

まとめ

 

今回は洋服ブラッシングについて少し紹介しました。

ブラッシングなんて面倒だと思っていた時期もあったんですが、
ブラシをかけた前後の違いが面白くて進んでブラッシングするようになりました。

革靴のお手入れのような、面白さがあります。

全ての洋服に、とは言いませんが、
気合を入れて購入したアイテムに少しブラッシングをして長く綺麗に使っていくのも
お洒落のマナーかもしれませんね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ファッション
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【メンズ】夏場の着こなしのアクセントにおすすめなバンダナの使い方をご紹介!巻き方はシンプルでOK!

オシャレに見せる着こなしを作るには色々ポイントがありますが、 その中のひとつが着こなしにアクセントを付けることだと思います。 前回も夏場の着こなしのポイントとして、 コーデにアクセントを組み込むことを …

【メンズ】女性にモテるファッションとは?女性目線でのメンズファッションを考えてみる

  メンズがファッションにこだわる理由は人それぞれあると思いますが、 8~9割のメンズに当てはまる理由が「女性にモテたい」ではないでしょうか?   日頃は「女性受けの良いコーデ」な …

メルカリやヤフオクの有効的な活用法をご紹介!上手く使うことでかなりお得になります!

  このサイトで服のことやコーデのことを書くようになってから 何回も聞かれていることがあります。 それが、ヤフオクやメルカリで買うことについてどう思うか? といった類の質問です。 &nbsp …

【メンズファッション】着こなしの基本であるシルエット!「I・Y・A」ってなんのこと?

今回はメンズファッションにおいて基本的な理論である シルエットについてまとめていこうと思います。   基本的な部分なんですが改めて振り返ると こういった記事を書いていないことに気付いたので。 …

【メンズ】誕生日やクリスマスディナーの服装悩んでいる方必見!特別な日に相応しいコーディネートの組み方とは?

  いよいよクリスマスです! 彼女や奥さん、意中の人とデートでご飯を食べる予定の人も多いのではないでしょうか?   そんなときに大事にしたいのが「ディナーの服装・コーデディネート」 …