革靴

この5点を押さえれば失敗しない!革靴を買うときに気を付けたいサイズの選び方のポイントを教えます!

投稿日:

 

メンズファッションにおいて、
コーデにドレス感を与える重要なアイテムが革靴です。

パーティーや2次会などにも対応できますし、
普段のコーデに組み込むことで着こなしの幅が広がるので
ある程度の年齢になってからは1足ちゃんとした革靴を持っておくことをおすすめします

 

そんな革靴ですが、購入の際に気を付けるポイントとしてサイズの選び方があります。
革靴のサイズを間違て履いている人って案外多いです。

 

合っていないサイズで履くと

・革靴に変な皺が出てしまう
・踵が歩くときに少し浮いている(サイズが大きい)
・履き心地が悪い
・無理をして履いていて足を痛める

等の問題が発生してしまうことも珍しくありません。

 

他人から見ても格好良く、自分としても履き心地の良い革靴を選ぶことで、
自然と革靴を履く頻度も増えますし、愛着も沸きます。

革靴はメンズアイテムの中でも高額な部類に入るアイテムだからこそ、
自分に最適なサイズを選んでいきたいですね。

今回はそんな革靴のサイズ選びの方法を分かりやすくまとめてみたので
是非これを参考にして、あなただけの1足を見つけて欲しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

革靴のサイズ選び① 革靴の試着は夕方にすること

 

革靴を購入する前には必ず試着をして履き心地やサイズ感を調べて欲しいのですが、
大切なのは試着をする時間帯です。

というのも足は体の中で最も浮腫む部位で、
朝起きた時と、夕方の帰宅時では足のサイズが変わってしまうんですね。

そして最も足が浮腫んでいるのが一日中仕事をしたり動いたりした後の夕方です。
なので革靴の試着をするときは足が浮腫んでいる夕方がベスト。

午前中の足の状態でジャストフィットの革靴を選んでしまうと、
足が浮腫んでくる夕方には履いていて辛くなってしまいます。

なので革靴の試着は夕方に行うことが重要なんです。

また、合わせて注意しておきたいのが靴下です。
革靴を履くときに合わせる靴下は通常スニーカーを履く際のものよりも薄手であることが多いです。

たかがそれくらいと思うかもしれませんが、
靴下の厚みの違いは大きく靴の履き心地やサイズ感に影響します

なので革靴の試着をする際には、
実際に革靴に合わせる靴下を履いたうえで行うようにした方が良いです。

 

 

革靴のサイズ選び② 革靴とスニーカーのサイズ感の違いを知る

 

革靴を選ぶ際に知っておきたいことがあります。
それは革靴とスニーカーのサイズ感の違いです。

スニーカーのインソールには履き心地を良くするためにクッション性の高い素材を採用していることが多く、
足の実寸値よりも0.5~1.0cm、
ブランドによっては1.5cmほど大きめのサイズがジャストサイズになります。

しかし、革靴にはスニーカーのようなインソールは無く、
そして爪先部分の捨て寸があることも考慮に入れると
スニーカーのサイズ感よりも、0.5~1.0cmほど小さいサイズ感に落ち着くはずです。

 

このように、
革靴を選ぶときにはスニーカーよりも少し小さめのサイズ感になるということを
意識して試着していくと上手くいきやすいです。

これを知らないと、ついつい先入観でスニーカーと同じサイズ感で選んでしまい、
若干大きめの革靴を選んでしまう失敗をしてしまうので、
是非覚えておいて下さい。

 

 

革靴のサイズ選び③ 革靴は紐を解いて、靴ベラを使って履く

 

革靴を履く際には靴紐を解き、靴ベラを使用して履く。
これは試着をする際には店員さんがそのように手助けしてくれるんですが、

重要なのは、このように履かないと履けないというのが正しいサイズ感だ
ということを認識することです。

 

スニーカー等で紐を少し緩めにしておいて、
靴紐を解かずにズボッと足を入れて履く人もいると思いますが、
革靴の場合は靴ベラを使わずに履けてしまえるというのはサイズが合っていない証拠です。

靴ベラを使って履いて、靴紐でしっかりと固定するのは面倒と感じるかもしれませんが、
ちゃんとした手順で履かれた革靴は足にしっかりとフィットするので見栄えも美しくなります

美味しい料理には、ちょっとした一手間が加わっているように、
美しく革靴を履くためのちょっとした一手間ですね。

 

ちなみにこうした理由から私は携帯用の靴ベラをおすすめしています。

 今回は革靴を履く人なら絶対に持っておくと便利なアイテムをご紹介します。 それは携帯用の靴ベラです。 革靴を履くときには靴ベラの使用が必須です。...

 

革靴を履くときは是非この履きこなしも楽しみながら履くと
より愛着が沸いてくると思います。

 

 

 

革靴のサイズ選び④ かかとのフィット感を最初に確かめる

 

革靴を手順通りに履いたら、まずはかかとをしっかりと合わせます
革靴のサイズ感をみるときには、かかとを合わせた状態がスタートになるからです。

そして
かかとのフィット感を最初に確かめます。
ヒールカップとも呼ばれるかかとを包む部位が
靴紐を締めた状態で足にしっかりとフィットしているかどうかですね。

かかとが緩いと歩くときにかかとが靴からカパカパと浮いてしまい、
履き心地が悪いだけでなく、足を痛める原因にも繋がります

 

逆にきつ過ぎればかかとと靴が擦れて靴擦れの原因になります。
多少ゆとりがあるけれど、踵がしっかりと革靴にフィットするサイズ感がベストです。

 

 

革靴のサイズ選び⑤ ボールジョイント部のフィット感が重要

 

ボールジョイントというのは足が左右に一番広い部分。


出典:dress.code

 

革靴というのはボールジョイントで足をグッと固定させます。

 

スニーカーの場合は爪先部分まで足が入りますが、
革靴の先端は捨て寸部分と呼ばれ実際には空いた空間が生まれることになります。

そのためボールジョイント部分がフィットしていないと、
足が靴の中で前へ滑ってしまうといった事態が発生します。
当然履き心地は悪くなりますし、足を痛める原因にもなります。

 

踵がしっかりとフィットしていて、
ボールジョイントで程よく足が固定され、捨て寸部分にちゃんと空間がある状態

これが正しいサイズ感の革靴を選ぶ基準になります。

 

 

まとめ

今回は正しい革靴のサイズ感を知ってもらうために
基本的な部分をまとめました。

凝っていけばもっと見るべきポイントはありますが、
まずは今回紹介した5つのポイントを押さえておけば革靴選びの失敗はグッと抑えることが出来ると思います。

・革靴の試着は夕方にすること
・革靴とスニーカーのサイズ感の違いを知る
・革靴は紐を解いて、靴ベラを使って履く
・かかとのフィット感を最初に確かめる
・ボールジョイント部のフィット感が重要

革靴を選ぶときには是非この5つのポイントを思い出してください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-革靴,
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【夏の必需品】脱げないインビジブルソックスのおすすめをご紹介!無印やUNIQLOを超えるおすすめとは!?

夏がだんだんと近づき気温が上がってきましたね。 コーディネートも温かい季節に合わせて変わってきているかと思います。 かく言う私は、 足首を見せて足元に軽さを出す、そんなコーデを最近ではよく作っています …

革靴のように使えるスニーカー「オペラシューズ」のおすすめをご紹介します!

  革靴はコーデにドレス要素を追加する使いやすいメンズの定番アイテム。 今まで何度か革靴に関する記事をアップし、 おすすめもご紹介してきました。 特に日常使い出来る革靴のおすすめを紹介したの …

【メンズ】防寒とオシャレを兼ね備えた「靴下見せ」コーデとおすすめ靴下ブランドの紹介

だんだんと温かくなってきましたが、 まだまだ寒い日が続いていますね。   こんな春先頃に活用できるのがメンズの靴下見せコーデです。 全開の記事でもご紹介しましたが、 春らしさを出すのに有効な …

【おすすめSALE品】これから活躍する靴やライトアウター、まだまだ使えるTシャツもをセールで賢くGET!

  ZOZOでは早くも夏のセールが開催されていますね。 SALE品を買うことに関しては個々人で意見が分かれるところだと思いますが、 近年アパレル業界では低下で売り切れる商品の方が少なく、 気 …

【メンズ】カジュアルに履きたい革靴のおすすめのブランドをご紹介!コスパの高いブランドをお探しの方は是非!

    当ブログでも人気のテーマの一つである「革靴」。 今まではどちらかというと、ビジネスでもカジュアルでも使える最初の1足、という 切り口でおすすめの革靴をご紹介してきました。 …