トップス ファッション

【メンズファッション】ずっと使える定番服!!何度もリピ買いしちゃうおすすめ名作アイテムをご紹介!

投稿日:

 

メンズファッションはレディースファッションと比べて、
圧倒的にアイテム数が少ないです。

単純に考えても、スカートを男性が履くことは無いし、
服の形やデザインなどを取っても圧倒的にレディースの方が多いですよね。

メンズファッションでおしゃれを考えるときに大事なのは、
皆同じような服を選ぶ中で、ちょっとだけ上質な素材のニット選んだり、
ちょっとだけシルエットにこだわったカットソーを選んだり、
ちょっとだけ色味にこだわったアウターを選んだりといった、

ちょっとだけ良いものを意識することだと思います。

メンズでこれ見よがしに他とデザインが違うような服を着ていると、
オシャレではなく変わった人認定されるので(笑)

そして、
誰もが使いやすい「ちょっとだけ良いもの」というのが次第に定番アイテムとなっていくんです。

そこで今回はメンズファッションにおいて流行に左右されずに使い続けることが出来る、
良質なアイテム、定番アイテムのおすすめをご紹介したいと思います!

トレンドに乗ったアイテムも素敵ですが、まずは軸となる定番アイテムをワードローブに揃えると
コーデが作りやすくおすすめですよ。

 

 

スポンサーリンク

白無地Tシャツのおすすめ定番アイテム

メンズファッションの定番アイテムと言えば白無地Tシャツだと思います。
誰でも着るアイテムだからこそちょっと良いもので人と差別化をしていきたいですね。

SUNSPEL

最高の肌触りと耐久性を追い求めて開発された定番の素材・Q82を使ったSUNSPELの白無地Tシャツ
白無地Tシャツってごまかす部分が無いので、その素材感がすごい分かりすく影響するアイテム。

SUNSPELをおすすめする理由は、傍目から見ても上質なTシャツだな~と分かるほどの艶感です。
細かな素材を使っており、光沢感のような艶感を感じる仕上がりになっているので、
1枚で着たときは勿論、
ジャケパンスタイルに違和感なく合わせることが出来ます。

綺麗目なスタイルが好きな人には是非ともおすすめしたいアイテムです。

 

 

Curly

白無地Tやシンプルなカットソーを探すなら是非チェックしたいのがCurly

上質なカットソーを生み出すという信念のもと立ち上げられたブランドで、
自社工場での縫製はもちろん、オリジナルファブリックの企画、パターン作成、縫製仕様の選定までも一つ屋根の下で行う事で、
各現場とダイレクトにコミュニケーションが取る事ができ、細部のニュアンスまで拘ったモノつくりを可能にしているという
まさに拘りに拘りぬいたカットソーを作り出すブランドです。

着心地やシルエット、そして素材にまで拘りつつ、
リーズナブルな値段で提供してくれるのがCurlyの有難さです。
コスパという意味なら最も良いブランドでしょう。

少数精鋭のワードローブにするのであれば、Curlyのカットソーは最有力候補になると思います!

 

 

UNIQLO UのスーピマコットンTシャツも

白無地Tシャツというジャンルであれば、UNIQLO UのスーピマコットンTシャツも候補に入ると思います。
1500円という安価な値段で、細身のネックや光沢感のある素材等
値段不相応なクオリティの完成度。

そのコスパの良さから販売開始してすぐにMやLのサイズはネット在庫切れを起こすほど。
アウターやボトムスにお金を使いたくて
出来るだけ安価で質の良いものを探している人には最高の選択肢となると思います。

 

 

バスクシャツのおすすめ定番アイテム

白無地Tシャツと共にメンズファッションの定番アイテムとなるトップスが
ボーダー柄で肉厚なバスクシャツではないでしょうか?

中にシャツを入れたり、シンプルに1枚で着たりと
着こなしのバリエーションを増やしてくれるアイテムなので1枚ワードローブにあると
何かと使えるアイテムです。

 

 

SAINTJAMES

バスクシャツと言えば真っ先に上がるのがSAINTJAMES(セントジェームス)
横に広がるボートネック、洗うほどに目が詰まる肉厚な素材感、シンプルなボーダー柄、
バスクシャツの原点となったのがこのSAINTJAMES
です。

バスクシャツ自体は多くのブランドが出しているけれど、中には生地がペラペラだったり、
シルエットがタイトすぎて中にシャツをインする余裕が無かったりと、
ところどころに不満が出たりするアイテムも多いです。

なので個人的にはバスクシャツはSAINTJAMESやORCIVAL等の定番ブランドで揃えるのが一番だと思います。
数多く持つアイテムでもないし、そこまで高価な買い物でもないので、
ワードローブにバスクシャツを入れるなら定番ブランドを選ぶことをおすすめしたいです。

 

 

スニーカーや革靴のおすすめ定番アイテム

次いで靴ジャンルのおすすめの定番アイテムですね。
少ないワードローブにするにしても、
スニーカーと革靴、出来ればブーツの3足があるとコーデを組みやすいと思います。

あとは自分がどのようなスタイルを好むかも考えながら必要なアイテムを揃えていきましょう。

スニーカーの定番に関しては以前記事でまとめたのでそちらを参照して下さい。
どの靴もシンプルでコーデを組みやすいので、自信の好みと合わせて選ぶと良いと思います。

 

 「お洒落は足元から」という言葉もあるように、ファッションを考えるうえで「靴」は重要なアイテムです。メンズの靴は大きく分けてスニーカー、革靴、ブーツの3種...

 

 

革靴に関しては、最初の1足におすすめのアイテムをこちらで紹介しています。
これ以外にもパドローネ等コスパの良いファクトリーブランドが最近では人気が高いですね。

 

 メンズの定番と呼ばれる汎用性の高いアイテム。デニム、白シャツ、スニーカー、革靴など、メンズファッションにおいて欠かせない存在のアイテムたち。 前回...

 

いきなり高価な革靴を買うよりかは、3~4万くらいの革靴から始めていって、
しっかりとケアや革靴の良さを楽しめると実感したら、高い物にも手を出していく、
というスタンスが良いと思います。

※随時更新していきます

 

 

まとめ

今回は何度もずっと使っていける定番アイテムという視点でおすすめをご紹介していきました。

どのアイテムも長く愛されているアイテムなので、是非とも実物をチェックして欲しいです。
これら定番アイテムを軸に、その時々の流行に合わせたアイテムを加えていく、
というようなワードローブ作りをしていくと良い循環が生まれます
ね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-トップス, ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【メンズ】ファッションにおけるカラーとの付き合い方の基本

  メンズのファッションはレディースと比べるとシンプルです。 色々理由はあるんですが、 カラー・色味の違いがひとつ挙げられると思います。   レディースで扱うカラーリングの種類はメ …

【メンズ】勝負カットソーをお探しのあなたに、おすすめのカットソーブランドをご紹介!

  メンズのアイテムの中でもカットソーは消耗品という枠で見られることが多いです。 実際私自身も、アイテムを買う予算を組む際に、 カットソーに大きなお金を組むことは少ないです。   …

ニットやウールコート、スラックスはブラッシングで見た目が劇的に変わる!!

  ニットやウールのコート、スラックスなどを頻繁に着用する季節になってきましたね。 温かさを担保してくれるウール素材の衣服は 寒がりな私にとっては手放せない冬のマストアイテム。   …

【メンズファッション】大人の男性におすすめしたいベーシックを追い求めたブランド「YAECA(ヤエカ)」

  今回は個人的におすすめのブランドを紹介したいと思います。 それは「YAECA(ヤエカ)」というブランド。 特に30代以上の大人のメンズにおすすめしたいブランドになります。 無印良品やMH …

【メンズ】人と差をつけるならスプリングニット!春のニットの着こなしをご紹介します

春はオシャレをするには良い季節ですよね。 温かくなってきた春は 防寒一辺倒だった冬とは違い様々なコーディネートを組むことが出来ます。 個人的にはカットソーにカーディガンや、パーカーをサラッと羽織るスタ …