ファッション

【メンズ脱地味コーデ】差し色や柄ではなく、ビッグシルエットでカジュアル感を出す着こなし提案!

投稿日:2019年1月30日 更新日:

 

 

前回の記事では差し色を使って装飾性を出す着こなしをご紹介しました。

2019年のメンズファッションのトレンドである装飾性に対し、
色味でチャレンジする着こなしのアプローチですね。

 

 

  2019年のメンズファッションのトレンドは2018年に引き続き、「装飾性」がポイントになってくるみたいです。 シンプルにまとめたスタイルが流行った後...

 

 

ですが、脱地味コーデを作る方法は色を使うことだけではありません。
その方法の一つとして「シルエット」で遊ぶ方法があります。

今回はその中でもビッグシルエットの着こなしをご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

トレンドは差別化から生まれる

 

そもそも毎年のように生まれるトレンドとは何なのかを突き詰めていくと、
「人と一緒なのが嫌だ」という差別化思考から生まれるものです。

 

分かり易い部分で行くと、
カットソーやTシャツのネックの形ですね。

少し前は深く入ったVネックが流行っており、
鎖骨や肌を出すことで色気を感じさせるようなネックが広がっていましたが、

多くの人がVネックを着るようになると、今度は逆に首元の詰まったクルーネックを着る人が出てきて、
次第にクルーネックが主流になる

というような感じですね。

 

 

そして、2019年に関しては、
シンプルな着こなしが流行っていたところから徐々に脱却し、
装飾性を意識したコーデが流行っていることを前回お伝えしました。

 

そんな脱シンプルコーデを考えるときに、
すぐに思いつくのが前回紹介した色を使う方法ですが、

あまり実践する人がいなく差別化効果が大きいのが「シルエット」を崩す方法です。

 

 

そもそもコーデを作る際の基本となるシルエットは3つ

●Iライン
●Yライン
●Aライン

 

それぞれの詳しい詳細は以前まとめた記事を参照してください。

 

 

今回はメンズファッションにおいて基本的な理論であるシルエットについてまとめていこうと思います。 基本的な部分なんですが改めて振り返るとこういった記事を書...

 

 

さて、
この3つのシルエットを意識しながらコーデを作るのが基本ですが、
あえてこのシルエットを崩すことで差別化を図るのが今回の着こなし提案です。

 

 

 

ビッグシルエットの台頭はシルエットでの差別化

 

シルエットで崩すと言われてもピンと来ないかもしれないですが、
近年台頭してきているビッグシルエットは、
このシルエットで崩す差別化のひとつの結論です。

 

なのでシルエットを活用した着こなしにチャレンジする際には
まずこのビッグシルエットを上手く着こなしに組み込んでみるのが良いと思います。

 

各ブランドからもそれに適したアイテムが沢山リリースされていますし、
状況的に以前よりも作りやすいコーデになっています。

 

 

 

イメージ的にはこんな感じですね。
ロングコートを使っているので、定番であれば細身のボトムスを合わせて
Yラインを作るんですが、

敢えてボトムスも太く緩めのアイテムを使っています。

その分、色味をダークトーンでまとめ、
アイテムもドレス感の強いものを選んで
カジュアルになり過ぎないようにバランスを取っています。

 

 

 

一方こちらがロングコートを使った定番であり正統派な着こなし。

やっぱりYラインでまとめるとロングコートは映えるんですが、
比べて見てもシルエットで遊んでいる方が圧倒的に珍しいですよね。

これが差別化に繋がります。

 

 

個人的にはオーバーサイズやビッグシルエットで崩していく着こなしは
どこか色気を感じるんですよね。

 

ゆとりや緩さがイメージ的に甘い感じになるのかもしれないですね。
ふわふわしたシルエットの女の子が可愛らしく感じるように、
緩いシルエットはそういった甘さや可愛らしさに繋がるものがあるんですが、

男性がやることで色気に繋がるのかもしれませんね。

 

 

 


出典:wear

 

 

この方は顔もイケメンですが、シルエットを上手く崩した着こなしをしていますよね。

 

実際に取り入れる際のポイントは、
緩めのシルエットなんだけでも、パンツの裾は絞ったテーパードを使ったり、
トップスの袖の先端は細目にしたり、
身幅は広いけどアームは細い物を選んだり、

というように全てをダボダボにしないことです。

 

この人の場合はボトムスの裾がテーパードになっており、
ノークッションで裾上げしているためもたつきがなく、
全体の緩さを上手く緩和してくれています。

 

このようにどこか1ポイントか2ポイント引き締める部分を作る
日常的にも使いやすいコーデを作ることが出来ますね。

 

最近では、本当にビッグシルエットに使いやすいアイテムが多々リリースされているので
是非色々と試して自分なりの着こなしを見つけて欲しいです。

 

 

 

まとめ

 

今回は色ではなく、シルエットで差別化を図る着こなしを提案しました。

脱地味へのアプローチはひとつではなく、
色や柄を使うこともその一つだし、
今回のようにシルエットでアプローチするのもその一つ。

自分が好きな方法で、自分なりの脱地味コーデを作っていくのが良いと思います。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【メンズ】女性にモテるファッションとは?女性目線でのメンズファッションを考えてみる

  メンズがファッションにこだわる理由は人それぞれあると思いますが、 8~9割のメンズに当てはまる理由が「女性にモテたい」ではないでしょうか?   日頃は「女性受けの良いコーデ」な …

【メンズファッション】大人の男性におすすめしたいベーシックを追い求めたブランド「YAECA(ヤエカ)」

  今回は個人的におすすめのブランドを紹介したいと思います。 それは「YAECA(ヤエカ)」というブランド。 特に30代以上の大人のメンズにおすすめしたいブランドになります。 無印良品やMH …

【お洒落さんが活用している】30代男性におすすめするUNIQLOの定番アイテムとは?

  前回、30代の男性がUNIQLOをコーデに活用する際のポイントをご紹介しました。    オシャレでモテたいメンズの溜まり場〜メンズ…  1 u …

【メンズ】人と差をつけるならスプリングニット!春のニットの着こなしをご紹介します

春はオシャレをするには良い季節ですよね。 温かくなってきた春は 防寒一辺倒だった冬とは違い様々なコーディネートを組むことが出来ます。 個人的にはカットソーにカーディガンや、パーカーをサラッと羽織るスタ …

パナソニック(Panasonic)のスチームアイロンはニットのシワ取りに最適なおすすめアイテム!

  本日は秋冬春と活躍してくれるニットのシワ取りについて まとめていこうと思います。 今までも何度かニットのお手入れについてまとめてきましたが、      オシ …