シャツ

スーツに合わせるビジネスシャツの着こなしをご紹介!襟の形で印象は大きく変わります!

投稿日:

 

男性のスーツスタイルはドレススタイルとして完成されたコーディネイト
このブログでも着こなしを考えるときには
スーツスタイルからカジュアルに寄せていくことを提案しています。

 

最も簡単なのがセットアップスタイルですね。

スーツスタイルのジャケットとパンツを残し、
中のシャツをカットソーに変えたり、
足元の革靴をスニーカーに変えたりしてカジュアル化して街着レベルまでバランスを整える。

 

簡単に作れちゃう上に女の子のウケも良いモテたい男子必見の着こなしです。

 

 

メンズファッションで最も簡単にサマになるコーデのひとつが、「セットアップ」の着こなしです。 セットアップとは、同じ生地から作られたジャケットとスラックス...

 

 

一方、スーツスタイルは完成されているが故に差別化が難しく
ちょっと人と変えてみたいという人には物足りない部分があることも。

 

スーツの柄や、カラーなどを変えようと思うと、
スーツを新しく購入する必要があるのでお値段がかかってしまいます。

 

そこでよく提案するのは
中に着るビジネスシャツを変えることでイメージを変化させるテクニックです。
特に視線が集まる首元の襟の形は、見る人のイメージを大きく変えます

 

というわけで今回は、
スーツスタイルを変化させるビジネスシャツの着こなしについてご紹介したいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

スーツに合わせるシャツはジャストサイズが命!

 

スーツに合わせるシャツを選ぶ際に絶対に間違えてはいけないのが
サイズ感です。

 

日常着るカジュアルシャツであれば敢えてサイズを上げたりしてみたりと
着こなし方によって自分の適性サイズから上げ下げすることもあるでしょうが、

 

ビジネスシャツに関しては自分の体型に合ったものをチョイスすることが重要です。

特に首回り袖丈は視線が集中する部位なのでジャストサイズにこだわりましょう。

言ってしまえば胴回りはスーツに隠れて見えませんが、
首回りが緩いとネクタイを締めても綺麗に決まらないですし、
袖丈が流すぎたり短すぎたりすると目に止まります。

 

ビジネスマナーもそうですが、単純に格好悪いので
最低でも首回りと袖丈のサイズ感だけはジャストで選ぶことが失敗しないシャツ選びです。

 

ちなみにこの2点はUNIQLOならセミオーダーで作ってもらうことが出来ます
シャツの質も中々よく値段も手頃なので一度試してみる価値はあると思います。

 

 

 以前UNIQLOのセミオーダースーツを試しましたが、UNIQLOの良さである素材感と、自分の体に即したスーツが安価で作れるということで個人的には大満足でした。 ...

 

 

 

 

ビジネスシャツは襟の形で印象が変化する

 

ビジネスシャツでは襟の形が何種類か用意されていますが
まずは2種類を押さえておくと良いです。

●基本のレギュラーカラー
●Vゾーンが広がるワイドカラー

 

え?
2種類で良いの?

と思われるでしょうが、基本のレギュラーカラーをワイドカラーに変更するだけでも
イメージは変わります。

 

それでも飽きてくるようなら次のタイプをと言った具合に自分の手を出す範囲を
少しずつ広げていった方が上手くいくと思います。

かくいう私も最初に変化をつけた襟の形がワイドからーでした(笑)

 

 

ワイドカラーにすることで男っぽさが増す

 

通常のレギュラーカラーからワイドカラーに変えると
どのような変化が起こるのでしょうか?

 


出典:global-style

 

レギュラーカラーと比べてワイドカラーの場合は、Vゾーンがグッと広がった印象が出ます。
こうなることで太い首回り、肉厚の胸元っぽく見せることができ
より男らしい印象が強くなるんです。

 

男らしさは力強さなので、取引先との商談や、
企画のプレゼンテーションを行う際などは、
レギュラーからではなく、ワイドカラーを活用することで
自信に満ち溢れた印象を相手に与えることも可能です。

 

 

さらに印象を変えるためには
ネクタイのカラーを調整するというテクニックもありますが、
まずは襟の形を意識するだけでも印象は大きく変えることが出来るんです。

 

スタンダードなレギュラーカラーばかりの人は
男っぽさのでるワイドカラーを試してみることをおすすめします。

 

 

 

さらに人と変えたいという人は「ピンホールカラー」がおすすめ

 

レギュラーもワイドも既に持っていて、
さらに印象を変えてみたいと思っている人におすすめしたいのが、
最近ひそかにトレンドになっている「ピンホールカラー」です。

 


出典:SuitLabo

 

このように襟をピンで留めるような形になっているのが特徴で、
よりクラシカルな襟の形になります。

 

ここ最近のトレンドは昔の英国式のスタイルに寄ってきているので
好んで選ぶ人が増えているそうです。

 

 

このピンホールカラーはネクタイを締めたときに雰囲気が出ます。


出典:SuitLabo

 

 

ネクタイの結び目を下からピンが押し上げるような形になるため、
少し持ち上がって立体感が出る
んです。

 

その結果、ワイドカラーのときのように
胸板が厚く見え、男らしさが増した印象に。
比較するとワイドカラーよりも厳格な印象を与えますね。

 

 

まだまだ一般的ではない襟の形なので、
差別化も出来ますし、スーツのマナーにも則っているので
気兼ねなく着ることも出来るのでおすすめですよ。

 

 

まとめ

 

今回はスーツスタイルの印象を変えるビジネスシャツの着こなしをご紹介しました。
数種類ある襟の形の中から、どのシャツを合わせるかで、
スーツの印象を変えること、そしてコントロールすることが出来ます。

 

その日のご自身のスケジュールに合わせてインナーのシャツをチョイスしてみるのも
お洒落な大人の男って感じで素敵ですよね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-シャツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

UNIQLOのオーダーシャツを作ってみました!ビジネスシャツとしての利用価値は高い!

  以前UNIQLOのセミオーダースーツを試しましたが、 UNIQLOの良さである素材感と、自分の体に即したスーツが安価で作れるということで 個人的には大満足でした。   &nbs …